すこし落ち着いたので、自分自身の気持ちを書きます。

23歳でアマチュア修斗からスタートして、

25歳でプロデビュー。



先日の試合にて38歳で選手としては引退しました。



アマチュア時代入れて15年間あっという間に終わりましたが、めちゃくちゃ楽しかったです!

選手生活を通じて、色々な出会いや経験が出来た事は僕の人生の中で大切な宝物です。


福岡のパラエストラ博多で格闘技をスタート、


上京して埼玉県にある、エンセンさんのジム、ピュアブレッド大宮に入門しアマチュア修斗を経てプロデビュー。


ピュアブレッドでは沢山の出会いや経験を積む事ができ、今の指導に活かせてます。



出稽古先では、

朝日昇さん率いる東京イエローマンズ

ランバーさんのM16ムエタイジム

東洋太平洋チャンピオンの本望会長の本望ボクシングジム、


プロ練習として上田将勝さん主催でパラエストラ東京で沢山のプロ選手と毎週練習していました。



多くの方に沢山のアドバイスを貰い、今役に立ってます!



そして、プロ25戦を通じて沢山のファイターと拳を合わせた事を誇りに思います。



5年前に愛媛県に戻りジムをオープンさせ


もう試合やらなくて良いかなとも思ってましたが、



プロ目指す選手やHOPEの会員さんに、一度は試合見せたいなと思って3年前に復帰しました。



負けましたが、これはやって良かった試合だなと感じました。



試合までの過程、減量、調整、セコンドのやり方、会場の雰囲気など、学んで貰う為に。

この試合してからの2年間で、プロファイターが2名誕生しました。

全日本アマチュア修斗 優勝


プロ修斗の新人王タイトル獲得


そして後にはアマチュアからプロを目指す子達も数名出てきてます。


今回は弟子のプロデビュー戦と新人王の決勝が重なる事で


最後にケジメつけて終わろうと思いました。




良いパフォーマンスは出来ませんでしたが、


調子良かったので後悔はありません。


そして、対戦してくれたダイキライトイヤー選手もリスペクトがあり素晴らしい選手でした。



これからの活躍に期待してます!



これでグローブは置きますが、これからも選手や会員さんと共に汗を流しトレーニングは身体を壊さない程度に続けていきます。





関わって頂いた、全ての方々に感謝。


これからも宜しくお願い致します!

関連する記事
コメント
コメントする