2015年4月からスタートしたHOPE。


4年目の2019年が1番濃い1年になりました。



宇田兄弟が同じ年にプロデビュー。




宇田悠斗は全日本アマ選手権で優勝の実績を残し、長い準備期間を得てプロデビュー。



プロ修斗新人王トーナメントの3戦を全てフィニッシュして優勝。







デビュー戦では1階級上の全日本王者。


大阪の當方選手と対決。



注目を集めた対戦カードでした。



見事に右のカウンターで1ラウンドKO勝利。

トーナメント準決勝は沖縄のターカー選手と対戦。



ターカー選手、身体大きくて打撃の勢いあり良い選手。


完全アウェーの沖縄大会でしたが、打撃戦から寝技に持ち込み2ラウンド1本勝ち。





決勝では、福島県の津田選手。


相手のタックルを潰しグラウンドパンチで1ラウンドKO勝利。



全日本アマチュア選手権の優勝に続き

プロの世界でも新人王のタイトルを獲得。




現在テレビや世界で活躍する日本人ファイターはプロ修斗の新人王(堀口恭司、矢地裕介、佐々木ウルカ、他多数)から多く輩出されてます。




悠斗に関してはセンスや才能とか言う方も居ますが、、



そんな事は無いです。





スタートした時はパンチもキックも酷かったです。笑





身体の線も細かった。。。

身体も硬いし。。。

怪我も多い。。涙





ただ、仕事しながら毎日ジムに来て2部練習する直向きな姿勢と



考える力と理解力に優れてる事で結果を出す事が出来てます。





まだまだ、伸び代だらけなので



今後が楽しみです。




県内初の現役高校生でのプロ総合格闘家の宇田龍我。



3年前ジムに来た時は、小学生かと思いました。笑



不器用で覚えも悪く、よそ見ばかりして、よく喋る奴やなーって印象でした。笑

まー、1番手がかかってます。笑


そんな龍我も3年間で1つの形になり


全日本アマチュア選手権3位の実績が評価されプロライセンス獲得。



全日本アマチュア選手権から2ヶ月の短期間で準備してのプロデビュー戦。


デビュー戦では62キロ→52キロへの約10キロの減量もあり、サポートする側が神経使いました。。。涙



無事計量パスして一安心。



試合はグラウンドパンチで相手を削り、得意のチョークスリーパーで1ラウンドでフィニッシュして勝利。




龍我が出来るので、誰でも努力し当たり前の事をやればプロになり勝てる事を証明してくれたと思います。









兄弟で4連勝。


フィニッシュ率100%


良くやったなと思います。


この結果もサポート役に回ってくれた梶原大吾の存在や一般会員さんの協力があっての事だとます!





そして来年は、梶原大吾にプロの舞台に立って貰います。



本人達が1番わかってると思いますが、まだまだ通過点。


ここからがスタートです。






2020年は厳しい相手を用意されると思うので、しっかり準備して次に備えようと思います。










私自身の目標として

地元の宇和島市で世界を相手に闘えるファイターを育成する事が目標なので

日々研究、勉強していこうと考えてます。



地方の田舎町でも工夫して考えて行動する事で、一流のアスリートが産まれる事を証明していきます。

また一般会員さんがトレーニングを通じて楽しんで、日々健康的な生活を送れるようクラスレッスンも工夫していきます。




私は今年で選手としては引退させて頂いたので


育成、経営に力を注ごうと思ってます。



いまは、少し肩の力が抜けて楽になりました。


2020年は一般会員さんが沢山チャレンジできる環境づくり、



ヨガやピラティスなどのフィットネスクラスも増やして


幅広い年齢層の方がジムに足を運んで頂けるようなHOPEを作っていきます。



2019年、良い年でした!


会員様、サポートして頂いたスポンサー様、最後の試合に向けて練習付き合ってくれた悠斗、大吾、龍我に感謝します。

ありがとうございました!


良い年末年始を迎えましょう!





第5回HOPE元旦マラソンでまってます。笑
関連する記事
コメント
コメントする